中絶後に起きる様々な変化とは

女性にとって中絶は非常に大きなイベントであり、出来るだけ避けたいものと言えます。事実、中絶は胎児を殺すことに他ならず、その影響は様々な物があります。

男性にとっては妻や彼女の身体的な負担、胎児とはいえ22週未満の児を殺さざるえなくなる事への罪悪感などを感じることがあります。

男性の役割である、経済的な負担を担うことが出来ないために中絶を二人で選択せざる得なくなる事からこういった感情を抱くケースも有ります。

ただし、人によっては負担を全く感じないケースも有るのが男性側と言われており、これは自身の体内に児がいたわけではなく、実感があまりないという事や、実際に動いている感覚などが無いことも関連していると言えます。

一方、女性は非常に大きなストレスを抱えます。
元々胎児が中にいたので妊娠状態に身体面が変化しています。

そのため、普段の身体的な状況と異なっており、ストレスなどを感じやすくなっています。

東京の中絶のことなら、こちらをご参考にしてください。

また、精神的には非常に大きなストレスを感じます。

胎児を殺してしまうわけですが、殺し方も残酷で、初期の場合は子宮内に器具を入れて引きずり出す方法を取ります。

あまり胎児が大きいと切り刻むなどの処置が行われるため非常に苦しいものと言えます。なお中期以後であれば薬により陣痛をおこして出産のような形で娩出させる方法を取ります。そのため、殺してしまったという感覚を抱くケースが多いため、アフターケアが重要と言えます。



中絶は非常に大きな影響を与えるため、そうならないためにも望まれない妊娠を防ぐことが大切だといえるでしょう。




Copyright (C) 2015 中絶後に起きる様々な変化とは All Rights Reserved.